当社が主に扱っている宮城県のかきの産地を紹介致します。




 
 
   気仙沼湾・唐桑半島のかきは、気仙沼大島と唐桑半島との間の大島瀬戸と呼ばれる波の穏やかな海域で育成されています。内湾では筏式養殖が主ですが、外洋に近い所では延縄式養殖が行われています。気仙沼湾に注ぐ、大川上流域にあたる岩手県室根山には、森と海との密接な関係に着目し、毎年植林が行われています。

 
 
   気仙沼湾のかきは、内湾では「筏式養殖」が主ですが、外洋に近い所では「延縄式養殖」が行われています。また、かきの生育を促進するため、暖湯処理を施しているのも、この産地の特徴です。

 
 
   志津川湾の東側に位置する歌津湾は、外洋に面しているため、かきは延縄式養殖が行われています。湾内では、ホタテやわかめの養殖も盛んです。

 
 
   志津川湾のかきは延縄式養殖が行われています。広い湾内は養殖用のブイが整然と並び、高所から見た風景はすばらしいものがあります。